Waddyの主に食わず嫌い日記

Waddyが新しい事をした時にあげる日記

スリランカ旅行記 その9 電車の旅 キャンディからコロンボへ

2018年1月1日 午前5時30分

 

6時15分発の電車に乗る為、駅に向かう。

前日下調べをしたところ、駅へは徒歩で15分ぐらいだ。

 

辺りはまだ薄暗いが、袈裟をまとったお坊さんたち、

また、お参りの為なのか、白い衣装を着た女性たちの集団がたくさん通り過ぎる。

 

気候が暖かい為、日本のように身を切られるような、キュッと引き締まったような雰囲気ではないが、

元日の早朝にふさわしい清廉な感じだ。

 

…トカ思っていると、暗すぎて目印が分からなくなってしまい、

道ゆくおっちゃんに助けてもらって、駅に到着した。

 

f:id:wadatomatoma:20180113170703j:plain

駅に到着。

コロンボ行きは3番乗り場から。

 そんなに大きくない駅なので、乗り場はすぐに分かる。

 

 乗り場案内に交じって、「Wi-Fiカードあります。」の看板がなんだか可笑しい。(ちなみに、乗った車両には座席下に電源もあった。。)

 

f:id:wadatomatoma:20180113170853j:plain

2018年の幕開けは電車の旅!!

 

 

f:id:wadatomatoma:20180113171011j:plain

OBSERVATION SALOON (展望車両)

 

電車のチケットはスリランカ人の友人が取ってくれた。

スリランカの鉄道は、

「紅茶列車」の愛称で有名な、茶畑を通っていくメインラインや、

海岸線の際を走るコーストラインを始め、

 

他にも絶景ポイントを通る路線が多いので人気があるらしい。

 

今回の電車の旅は、コロンボからキャンディまでの約2時間半の旅だが、

どんな景色が見られるのかワクワクしながら

前方の窓から見える、駅の時計の時刻を眺めて待つ。

 

f:id:wadatomatoma:20180113194147j:plain

定刻の3分遅れで出発。

 

ガタン、という音と共に、電車がゆっくり動き始める。

 

…と同時に、景色もゆっくり後ろ向きに流れていく。

 

 

 元々、進行方向とは逆に座って、眼前に窓があるんだから当然なのだが、なかなか奇妙な感覚だ。

 

f:id:wadatomatoma:20180113171232j:plain

だいぶ空も明るくなってきた。

 

f:id:wadatomatoma:20180113171308j:plain

2018年元日の朝日

 

駅を出たと思ったら、もう次の瞬間から目に入ってくるのは、

森(ブッシュ?)の景色のみだ。

 

後ろを向いている為、景色の予測が出来ず、突然、木々が視界に飛び込んで来る。

 

 そして、結構ガタガタ揺れる。笑

 

ガタゴト揺れながら、時折は石のトンネルをくぐったり、カーブを曲がったりしながら、森の中を通り過ぎていく。

 

 

黒の格好いい制服を着た車掌さんに、これまた重そうな鋏でチケットをパンチしてもらったら、

空いている席に移動しても良いみたいだ。

 

そしてまた、しばらく緑の中をガタゴト走っていく。

 

次第に黒に近いような深い緑から明るい緑になって、青空も見え始め、

通り過ぎる駅も、オレンジやピンクで色味がかわいい。

 

www.youtube.com

 

窓から見える全ての景色が色鮮やかで、ポジティブに見える。

 

開発されて便利な環境で育った日本人が言えた事ではないのだが、

現在居住しているデリー及びその近郊を見ると、

 

青空って本当に貴重な財産

 

だと心底思う。

 

日々の生活を考えると、もちろんスリランカの人々にも便利に暮らしてもらいたいが、

この車窓から見える景色を大切にして欲しいと思う。

 

f:id:wadatomatoma:20180113171435j:plain

だんだん街に近づいてきた。

 コロンボに近づくにつれ、景色もだんだん開けてきて、車や人も多くなってきた。

朝8時ごろ、元日だというのに、大勢の人が動いている。

 

のんびりした時間に終わりを告げ、さあ、私もまた出発だ!という気分になってくる。

 

f:id:wadatomatoma:20180113172920j:plain

コロンボの駅に到着。

 

f:id:wadatomatoma:20180113171529j:plain

車掌さん。

8時43分、コロンボに到着。

 

電車の旅はゆったりしていた。

 

2等車、3等車だとまた様子が変わって、それも面白いのかもしれない。

 

今回、時間帯によるのか、車両によるのかは不明だが、

食べものを売る人が来なかったのが唯一残念だったので、

また次回トライしたい。(他の方のブログで見た、エビの入った揚げ物がめっちゃ食べたかった!!)

 

f:id:wadatomatoma:20180113173002j:plain

 一回書き終えた後で追記;

もちろん、脳内BGMは、「世界の車窓から」だ。当然。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村